開業届を出していない副業フリーランスでも使えるトラブル対応のフリーランス向け無料保険はこちら

Webライターは未経験でも在宅で稼げる?【結論:相当厳しいです】

ライティング

 

在宅で稼げるって聞いたWebライターをやりたいと思っている人も多いと思います。

 

実際に、自分も在宅で稼ぎたくてWebライターを始めた部分が多いです。

 

そこで、今回は自分の体験をもとにWebライター未経験でも、いきなり在宅で稼ぐことができるのかを紹介していきます。

 

この記事の内容

 

  • ・未経験で稼ぐのは相当厳しい
  • ・厳しくなっている背景
  • ・未経験でも在宅Webライターで稼ぐ方法

 

この記事を書いた人

 

自己紹介

 

副業で開業届けを出していなくても使える無料のフリーランス保険

フリーなんす

FREENANCE(フリーナンス)は、独立開業しているフリーランスだけではなく、会社に勤務しながらフリーランスとして働いていて、開業届けを出していない人でも使える無料のフリーランス保険

FREENANCE(フリーナンス)の補償内容

保証内容1事故あたりの限度期間中の上限額自己負担額
業務遂行中の補償5,000万円無制限なし(0円)
仕事の結果(PL責任)の補償5,000万円5億円
受託財物の補償500万円5億円
業務過誤の補償500万円5億円

フリーランスとして仕事をするなかで、発生したトラブルについては全て対応してもらうことができ、最大で5億円まで補償してもらえます。

また、FREENANCE(フリーナンス)は期間限定で無料なのではなく、会員登録することで上記の補償が永久に無料で付帯します

FREENANCE(フリーナンス)の詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料で永久補償がつくFREENANCE(フリーナンス)はこちら

未経験で稼ぐのは相当厳しい

パソコン

最初に、結論から言うとWebライター未経験でいきなり在宅で稼ぐのは難しいです。

 

むりではないですけど、稼げて月に5万円っていう感じだと思います。

 

そのため、副業と割りきらないと相当厳しい印象。

 

厳しくなっている背景

昔は、未経験Webライターでも在宅で稼ぐことは可能でした。

 

これは、クラウドソーシングサイトの利用者が少なく、未経験であっても仕事を獲得することができたからです。

 

クラウドソーシングサイトでの競合の増加

 

未経験のWebライターが稼げなくなった最大の原因は、以下のような案件が豊富で、単価もいいクラウドソーシングサイトを使う人が増加したからです。

 

 

競合が増えると、案件に対して応募する人数が多くなるので、案件獲得が難しくなります。

 

特に、初心者の参入が多く初心者が応募するような、リサーチで書くことができる案件の応募倍率は30倍を超えることも多いです。

 

そのため、相当提案文に工夫をして目に止まるようにしないと厳しいでしょう。

 

メディアでの取り上げ

 

在宅で稼ぐことができる職業として、Webライターがメディアに取りあげられることが多くなりました。

 

その結果、多くの方がWebライターになっているという現状があります。

 

実際に、自分の友達もコロナで会社が在宅勤務になったことで、Webライターの副業を始めた人がいます。

 

その方も、現状は自分から案件をお願いすることである程度、Webライターとして稼ぐことができているようですが、それであってもクラウドソーシングサイトでは提案が通らないことが多いみたいです。

 

初心者用案件の減少

 

Webライターには、文字単価ごとに必要となるスキルが異なります。

 

未経験の場合は、以下の3つが必要でしょう。

 

  • ・簡単なリサーチ力
  • ・指示を理解する力
  • ・日本語能力

 

ただ、この3つの力の力だけでできるWebライティングの仕事は限られています

 

また、最近は初心者の人でも応募できる案件が少なくなってきており、さらに競争が激化中です。

 

Webライターの文字単価ごとに欲しいスキルを紹介【全部実体験です】
悩んでる人 Webライターで文字単価をあげるためには何をしたらいいの? このような疑問を解決していきます。 この記事の内容 ・文字単価ごとに必要なスキル ...

 

 

未経験でも在宅Webライターで稼ぐ方法

未経験Webライターが在宅で稼ぐためには、以下の3つのステップを意識するといいでしょう。

 

  • ①Webライティングの学習
  • ②実績の構築
  • ③高単価案件への応募

 

ここでは、この3つを詳しく紹介します。

 

①Webライティングの学習

 

まず、未経験の場合はWebライティングの知識がないと思います。

 

ただ、知識がなくてもできるほどWebライティングの仕事は楽ではないです。

 

そのため、最初にWebライティングの知識をつける必要があります。

 

Webライティングの知識は、本を読むことで基本的なところは身に着けることができるので、まずはWebライティングのための本を読みましょう。

 

【副業Webライターが教える】Webライターになるための勉強方法
悩んでる人 Webライターになりたいけどどうやって勉強すれば良いのかわからない このような疑問を解決していきます。 この記事の内容 Webライターとして必要なス...

 

②実績の構築

 

Webライターには、実績が必要になります。

 

ここでは、意識して欲しいのは自分が未経験であるということです。

 

他の方のブログやTwitterをみていると、「文字単価1円未満の案件には応募しないようにしましょう」みたいなことが書いてあります。

 

しかし、現状未経験の人が文字単価1円以上の案件をいきなり獲得できるほど、Webライター業界は緩くないです。

 

そのため、最初の10記事くらいは利用しているクラウドソーシングサイト上での実績を構築する意味も込めて、文字単価0.2円くらいの案件でも積極的に応募しましょう。

 

経験上、未経験であっても文字単価0.2円の案件なら提案文を工夫するだけで簡単に通過するレベルです。

 

③高単価案件への応募

 

Webライターとして未経験の人が在宅で稼ぐためには、最終的に文字単価を上げていくことが必要です。

 

例えば、僕は過去に月に100万円以上ランサーズで稼いだことがあります。

 

【1年1ヶ月目】2020年9月のWebライター兼ブロガーの収益を大公開
この記事を書いた人 この記事がおすすめの人 ・Webライターとして1年1ヶ月くらい活動したらどのくらいの収入になるのか気になる人 ・副業に興味のある人 ・自分の力で稼いでみたいと思...

 

この際の、文字単価のボリュームゾーンは文字単価1円です。

 

そのため、僕の経験からいけば文字単価1円にすることができれば、在宅でWebライター専業の場合は月に100万円稼ぐことは可能だと思います。

 

では、どうやって文字単価1円にするの?

 

文字単価をあげる方法は、実績を積み上げた上で文字単価の高い案件に応募するだけ。

 

目安としては、文字単価0.2円で案件を受けていた人が、文字単価0.5円の案件に応募して応募したうちの50%の案件を獲得できたら文字単価0.5円以上の案件だけ受けて大丈夫です。

 

文字単価0.5円の案件に10回提案。そのうち、6回は案件獲得できたと言う場合は、文字単価0.5円以下の案件には今後応募しないで大丈夫。
副業で開業届けを出していなくても使える無料のフリーランス保険

フリーなんす

FREENANCE(フリーナンス)は、独立開業しているフリーランスだけではなく、会社に勤務しながらフリーランスとして働いていて、開業届けを出していない人でも使える無料のフリーランス保険

FREENANCE(フリーナンス)の補償内容

保証内容1事故あたりの限度期間中の上限額自己負担額
業務遂行中の補償5,000万円無制限なし(0円)
仕事の結果(PL責任)の補償5,000万円5億円
受託財物の補償500万円5億円
業務過誤の補償500万円5億円

フリーランスとして仕事をするなかで、発生したトラブルについては全て対応してもらうことができ、最大で5億円まで補償してもらえます。

また、FREENANCE(フリーナンス)は期間限定で無料なのではなく、会員登録することで上記の補償が永久に無料で付帯します

FREENANCE(フリーナンス)の詳細は、以下のリンクからご確認ください。
無料で永久補償がつくFREENANCE(フリーナンス)はこちら

コメント